ペット保険とは

ペット保険とは

最近は、日本でも犬や猫を家族の一員として可愛がっている人も多くなっておりますが、それだけに、ペットの病気や入院はこわいですよね。

ペットと言えども、人間と同じように、時には体調を崩したり、あるいは、怪我をしたりすることもあります。

その時は病院に連れて行くことになりますが、問題は、人間のように健康保険がないため、高額な治療費がかかってしまいます。さらに、入院ともなると、10万円以上の費用が必要になることも少なくありません。

このため、何か問題があっても、すぐに病院で受診できなかったり、必要な治療や手術が受けられなかったりすることもあります。そこで、ペットの増加に伴って注目されているのがペット保険なのです。

ペット保険とは、ケガや病気のため動物病院で医療サービスを受けたときに、その治療費や手術代、あるいは、入院費用などの一部を保険会社がカバーしてくれる保険で、人間でいう健康保険に該当します。

少しでも経済的な負担を軽減し安心してペットに治療を受けさせる為にはペット保険はとても有効なものなのです。

さらに、商品によっては、医療費の補償の他に、ペットが他人にケガを負わせてしまったり、他人のものを壊してしまって損害賠償責任が生じた場合でも、しっかりと補償してくれる賠償責任特約がセットになったものもあります。

保険会社によって、補償の内容やカバーされる割合も異なりますので、各保険会社の特徴を比較しながら、最適なペット保険を選びましょう。


 

サイトマップ