獣害とは?

獣害とは?

獣害とは、イノシシやシカ、クマ、サル、ネズミなど野生動物がエサを食べる採食行動やエサを探す探求行動により、人間が受ける様々な被害を指します。

また、飼い主の管理が不十分なペットによる害を指す場合もあります。

その被害の程度や内容は、被害を及ぼす動物の種類や原因によって様々ありますが、農業被害、家屋被害、人的被害、森林・生態系被害の4つに分類されます。

農業被害は、農作物を食べられる、田畑の土や根を掘り起こされる、ビニールハウスを壊されるなど直接的・間接的に受ける農業への被害です。

これにより、大切に育てた農作物の出荷できなくなるだけではなく、莫大な修理費が掛かったり、定植・収穫サイクルが狂ったりするなどの被害が発生します。

家屋被害は、アライグマなどの野生動物が家屋に浸入して、汚損などの被害を与えるものです。

人的被害は、サルなどの獣に噛まれて怪我をするなど、直接受ける被害と、獣が害虫や病気を媒介して間接的に受ける被害があります。

森林被害は、野生動物の採食行動によって、樹木が被害を受けることによって、森林における生態系バランスが崩れてしまう被害です。

野生のニホンジカやエゾシカは、芝や木の葉だけでなく、食べ物の少ない時期には樹皮も食べてしまうため、行動範囲内の植物を食べつくしてしまい、その結果、山の植生バランスを変えるほど被害を与えることがあります。







 

サイトマップ